喋りにくさや言葉のどもり| ストレスが人類の強敵|様々な病気の引き金になる

ストレスが人類の強敵|様々な病気の引き金になる

医者

喋りにくさや言葉のどもり

男性

主な症状

吃音とは、「どもり」とも言われるコミュニケーション障害の一種です。頭の中では言いたい言葉がわかっているのに上手く言葉に出すことができない、喋りにくさがある、などが特徴として挙げられます。主な症状としては、最初の言葉を連続して発音してしまう連声型、最初の言葉を引きのばして発音してしまう伸発型、発した言葉に詰まってしまい後の言葉が続かない無声型というものがあります。頻繁に言葉に詰まることがある場合や、あいさつなどの短い言葉にも詰まる場合などは吃音である可能性が考えられます。このような症状がみられる吃音と呼ばれる症状は、世間一般での認知度がまだまだ低く、理解してもらいづらいのが現状であると言えます。

治療や改善方法

吃音の原因として、幼少期の頃の厳しいしつけやトラウマなども考えられますが、一般的には脳が声帯に間違った指令を送ってしまう状態であるのが原因とされています。また自分自身が吃音であることを自覚しているため、言葉を発する際に過剰に意識しすぎてしまうことも症状を悪化させていると考えられます。吃音の治療には、言語訓練士の専門的な訓練を受ける方法が望ましいとされ、多くの方が利用されています。まずは耳鼻科や心療内科を受診、相談、紹介、と段階を踏んで良い方法を見つけていくことが最善です。また、もし周りに吃音の人がいる場合には、言葉の一つ一つを温かく見守ってあげる姿勢が最も大事であると言えます。患者本人が、ストレスや不安なく言葉を発することができる環境が何よりも大切だからです。